二足歩行ロボットコミュニティサイト

【サイトの使い方】  【サイトマップ】  【お問い合わせ】 
ロボット動画  |   ロボット写真  |   BBS  |   ダウンロード  |   イベント予定  |   スタッフ日記  |   リンク  |  
ログイン パスワード    新規登録   パスワード紛失  

スタッフ日記 - babaさんのエントリ
 babaさんのエントリ配信

2018/08/23
技術的小話【その112】Sotaの動きを作ってみよう!

執筆者: baba (4:34 pm)
Sotaは人の言葉を聞く、言葉を話す以外に体を使って感情を表現したり、ダンスを踊ることができます。
ということで今日はSotaの体の動きをプログラミングしてみましょう!
Sotaの詳細はコチラ!!


どうも皆さんこんにちは。
babaです。

これまでSotaを使って人の言葉を認識したり、人と会話をしたりするプログラムを作ってきましたが、今回はSotaの体を動かすプログラムを作っていきたいと思います。
Sotaには首に3つ、左右の肩、左右の肘、胴体の合計8つの関節があります。これらの関節を自由に動かすために、VstoneMagicには「poseブロック」というブロックが用意されています。このブロックをクラスウインドウに置き、おいたブロックが選択されている状態でポーズエリアを開くと、画面上にスライダーが表示されます。このスライダーを移動させると、紐づけされている関節の角度が変わり、自由にポーズをとらせることができます。また、このブロックを複数並べることでSotaのポーズがどんどん変わり、パラパラ漫画のようにSotaのモーションを作成することができます。

Sotaのポーズを作る時なのですが、SotaとPCをネットワーク経由で接続しておくと、Sotaの現在の関節角度が半透明なスライダーとして表示されたり、モータの電源を入れることでプログラムを動かさずに実際に作ったポーズをSotaに取らせることができたりして大変便利です。また、ポーズエリア上部にある「ポーズをキャプチャ」というボタンを押すと、現在のSotaのポーズをプログラムに反映することができ、Sotaを手で動かしながら簡単にSotaを動かすプログラムが作れます。これでモーションを作ると、なんだがSotaに演技指導をしている気分になれます!

ほかにもポーズの左右反転や、右半身のポーズを左半身にも適用したり(もちろんその逆もあります)、目のLEDの色もこのポーズエリアで自由に変更できるので、皆さんぜひ一度お試しください!






-------------------------------------------------------------------
技術的小話【その106】今月のメインテーマはSotaです!

技術的小話【その107】Sotaのプログラム?VstoneMagicだ!!

技術的小話【その108】VstoneMagicで作る Sotaの簡単おはなしアプリ ~作成編~

技術的小話【その109】VstoneMagicで作る Sotaの簡単おはなしアプリ ~書込・実行編~

技術的小話【その110】オウム返しSotaを作ろう!

技術的小話【その111】顔追従でSotaのかわいさアップ!

技術的小話【その112】Sotaの動きを作ってみよう!

技術的小話【その113】メソッドブロックを使ってみよう!

技術的小話【その114】決まった時間にアプリを実行しよう!

技術的小話【その115】動体検知ブロックで「だるまさんが転んだ」をしよう!

※こちらの内容に関する質問等はお受けしておりません。
-------------------------------------------------------------------
babaさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (271)
このエントリのトラックバックURL
http://lets-robot.com/modules/weblog/weblog-tb.php/3364
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最近のweBLogのコメント
スタッフ日記 カレンダー
«  «  2018 11月  »  »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
検索
メインメニュー
カテゴリ一覧
アーカイブ