二足歩行ロボットコミュニティサイト

【サイトの使い方】  【サイトマップ】  【お問い合わせ】 
ロボット動画  |   ロボット写真  |   BBS  |   ダウンロード  |   イベント予定  |   スタッフ日記  |   リンク  |  
ログイン パスワード    新規登録   パスワード紛失  

スタッフ日記 - morimoriさんのエントリ
 morimoriさんのエントリ配信

2018/06/29
技術的小話【その97】サブルーチンを使ってプログラムの見通しを良くしよう!

執筆者: morimori (7:05 pm)
【毎週木・金曜日の #ロボットショップ技術の話】
Beauto Builder 2で作ったプログラムが大きくなってくると、画面が見づらくなってきます。そんなときにはサブルーチンを使ってみましょう。
ビュートローバーARM/H8の詳細はコチラ!! →https://www.vstone.co.jp/robotshop/index.php?main_page=product_info&cPath=71_203&products_id=2428




こんにちは、morimoriです。直射日光辛いですね。ビュートローバーも直射日光を浴びると正しいセンサ値が出ません。引きこもっていきましょう。

さて、ビュートローバーは今回で一旦終わりです。説明書に書いてますやん! ってところから記事にしていってみたつもりですが、いかがだったでしょうか?

最後は使えると便利な「サブルーチン」についてご紹介します。

「サブルーチン」とは、プログラム上の一部の命令をまとめて切り出したものを指します。

例えば、「かえるの歌を鳴らす」という動作には「ドを鳴らす」、「レを鳴らす」、「ミを鳴らす」……と順番に行う命令が音符の数だけある訳ですが、これらをまとめて「かえるの歌を鳴らす」という処理として切り出してしまったものがサブルーチンです。

「かえるの歌を鳴らす」というサブルーチンを作ったことで、これまで「ドを鳴らす」、「レを鳴らす」……と書いていたころはすべて「かえるの歌を鳴らす」の一言に置き換えることができます。

プログラムがとっても見やすくなりますね!

プログラムの中で同じ処理をしているようなところは、積極的にサブルーチンに切り出していきましょう!




-------------------------------------------------------------------
技術的小話【その90】ビュートローバーを動かしてみよう!

技術的小話【その91】真っすぐ走らないビュートローバーを真っすぐ走るようにする方法をご紹介!

技術的小話【その92】ビュートローバーで学ぶ!! 繰り返し処理のプログラミング

技術的小話【その93】条件分岐処理を使って『落ちないローバー』を作ってみた

技術的小話【その94】ロボットプログラミングの基本、ライントレース!!

技術的小話【その95】センサ2つでライントレース!!

技術的小話【その96】車輪制御ブロックでビュートローバーを細やかに制御しよう!

技術的小話【その97】サブルーチンを使ってプログラムの見通しを良くしよう!

※こちらの内容に関する質問等はお受けしておりません。
-------------------------------------------------------------------
morimoriさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (470)
このエントリのトラックバックURL
http://lets-robot.com/modules/weblog/weblog-tb.php/3294
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最近のweBLogのコメント
スタッフ日記 カレンダー
«  «  2018 12月  »  »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
検索
メインメニュー
カテゴリ一覧
アーカイブ