二足歩行ロボットコミュニティサイト

【サイトの使い方】  【サイトマップ】  【お問い合わせ】 
ロボット動画  |   ロボット写真  |   BBS  |   ダウンロード  |   イベント予定  |   スタッフ日記  |   リンク  |  
ログイン パスワード    新規登録   パスワード紛失  

スタッフ日記 - babaさんのエントリ
 babaさんのエントリ配信

2018/05/31
技術的小話【その88】大実験Robovie-nanoで持ち上げられる物の重さは?

執筆者: baba (4:42 pm)
Robovie-nanoはどれくらいの力が出せるのか...
今日は実際に測ってみようと思います。
Robovie-nanoの詳細はここからチェック!!


皆さんこんにちは。
babaです。

Robovie-nanoにはとても小型のサーボモータが搭載されています。
このサーボモータですが、どれくらいの力が出せるのか...皆さん気になりませんか?
サーボモータが出すことのできる力は、「トルク」と呼ばれています。サーボモータを使ってロボットを作る際には、このトルクという要素が非常に重要になってきます。
Robovie-nanoはVS-S020Aというサーボモータを使用しているのですが、そのスペックを確認すると、「トルク:2.2kgfcm(4.8V時)」と書かれています。これはサーボモータの回転軸から棒を伸ばしたとき、電源電圧が4.8Vであれば1cm先で2.2kgの物を持ちあげられる力を出せるということを示しています。このトルクという要素ですが、力の大きさは距離と反比例します。例えば先ほどのVS-S020Aであれば、棒の長さが2cmであれば、持ち上げることのできる重さは1.1kgになります。

Robovie-nanoの腕は、ハンドユニットを付けた状態だとロール軸から手先までの長さが11.3cmなので、計算上、190gくらいの物は持ち上げられることになります。ただ、実際には腕自体の重さも考える必要があり、その計算は結構めんどくさいです。しかも腕が結構重たそう...
ということで、どれくらいの重さを持ち上げられるのか、実際に試してみました。



結果、50gまでの物が持ち上げられました。バッテリーの状態や、手のどの部分に重さがかかっているかによって変化しますが、何かを持たせたいというときは、この重さを目安にしてもらうといいんじゃないでしょうか。
また今回はロール軸で試しましたが、ピッチ軸だとまた持ち上げれる重さが変わってくると思いますので、みなさんぜひ試してみてください。
それではまた明日。



------------------------------------------------------------
技術的小話【その82】Robovie-nanoで遊んでみよう!!

技術的小話【その83】Robovie-nanoのモーションを作る

技術的小話【その84】Robovie-nanoで学ぶ、二足歩行を点灯させないポイント

技術的小話【その85】Robovie-nanoで学ぶ平行リンク!

技術的小話【その86】Robovie-nanoで学ぶ!!ロボットの姿勢表現

技術的小話【その87】Robovie-nanoを強化!!「ハンドユニットセット」を使ってみた

技術的小話【その88】大実験Robovie-nanoで持ち上げられる物の重さは?

技術的小話【その89】レスコンっぽいことに挑戦してみよう!

※こちらの内容に関する質問等はお受けしておりません。
-------------------------------------------------------------------
babaさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (134)
このエントリのトラックバックURL
http://lets-robot.com/modules/weblog/weblog-tb.php/3256
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最近のweBLogのコメント
スタッフ日記 カレンダー
«  «  2018 6月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
メインメニュー
カテゴリ一覧
アーカイブ