二足歩行ロボットコミュニティサイト

【サイトの使い方】  【サイトマップ】  【お問い合わせ】 
ロボット動画  |   ロボット写真  |   BBS  |   ダウンロード  |   イベント予定  |   スタッフ日記  |   リンク  |  
ログイン パスワード    新規登録   パスワード紛失  

スタッフ日記 - babaさんのエントリ
 babaさんのエントリ配信

2018/03/30
技術的小話【その73】インターネットをまたいで連携

執筆者: baba (1:12 pm)
IoTというからにはやはりインターネットを跨いで何かしないと、ということで今回は、離れた場所にいるSotaに、VS-RC202を使って本社会議室の電灯を操作してもらいます!
VS-RC202のご購入はコチラ→ https://goo.gl/U4PZMG



こんにちは、morimoriです。今日の記事は、前回開発した電灯操作デバイスを改良する話です。前回の記事はコチラ→https://goo.gl/fwu8sT

実はSota+VS-RC202は今回が最終回なのです。1月かけて開発してきた、ネットワークを使ったSotaとVS-RC202の連携機能を、最後はドカンとパワーアップさせてみたいと思います。

これまで開発した連携機能は、同じネットワーク内のSotaとVS-RC202を連携させるものでした。この状態では、同じ部屋にいるSotaとVS-RC202は連携できますが、東京のSotaと大阪のVS-RC202が連携することはできません。

離れた場所にいる2台を連携させるには、インターネットを跨いで信号を送り届けるしかありません。まさにIoTです!

今回はIBM cloudサービスのNode-RED等を用いて、異なるネットワーク上のSotaとVS-RC202の連係動作を実装しました。

Sotaは音声認識に応じて異なるHTTPリクエストをIBM cloudサービスに送信します。IBM cloudは、受け取ったHTTPリクエストをMQTTという形式に変更し、VS-RC202に向かって送信します。MQTTのメッセージを受け取ったVS-RC202は、サーボを操作して電灯を点けたり消したりするという仕組みです。

インターネットを使う分、どうしてもタイムラグが発生しますが、これで世界中どこにいても、Sotaを使って大阪本社会議室の電灯を制御できるようになりました()



外部サービスを活用することで、VS-RC202はインターネットを跨いで通信を行う事ができます。IoTを活かした素敵なデバイスを作ってみましょう!
babaさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (393)
このエントリのトラックバックURL
http://lets-robot.com/modules/weblog/weblog-tb.php/3178
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最近のweBLogのコメント
スタッフ日記 カレンダー
«  «  2018 8月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
検索
メインメニュー
カテゴリ一覧
アーカイブ