二足歩行ロボットコミュニティサイト

【サイトの使い方】  【サイトマップ】  【お問い合わせ】 
ロボット動画  |   ロボット写真  |   BBS  |   ダウンロード  |   イベント予定  |   スタッフ日記  |   リンク  |  
ログイン パスワード    新規登録   パスワード紛失  

スタッフ日記 - morimoriさんのエントリ
 morimoriさんのエントリ配信

2018/03/08
技術的小話【その66】SotaとVS-RC202を連携させる〜Sotaの開発環境構築編〜

執筆者: morimori (5:46 pm)
VS-RC202とSotaを、WiFi経由で連携させることになった技術の話チーム。
今週はSotaのプログラムを開発していきますよ〜。

VS-RC202のご購入はコチラ→ https://goo.gl/U4PZMG



実家の近くで桜が開花しているのを発見しました、morimoriです。梅じゃありません。桜です。

Sotaには、ロボコネクト版やデベロッパー版といった、いくつかの種類があります。それぞれ梅と桜ぐらいには差があります。
ここでは、Sotaにユーザーオリジナルのプログラムを実装できるデベロッパー版Sotaを使用して、VS-RC202との連携機能を開発していきたいと思います。

キーボードを打ち、プログラムを書いてコンパイル……してもいいのですが、ここではVstoneMagicというソフトを使用してGUIプログラミングで行いたいと思います。

無償ダウンロードが可能なVstoneMagicは、ブロックを並べることでSota用のプログラムを作成できる開発環境です。ポーズブロックや発話ブロックなどを使って、Sotaを制御することができます。

では早速、VstoneMagicをインストールしてみましょう。インストール方法を動画にまとめてみました。より詳しいインストール方法は下記のページに記載されています。
https://goo.gl/6CqJFv



なお、VstoneMagicのダウンロードにはSota communityへの会員登録が必要です。費用はかかりません。

インストールが正常に終了すれば開発をスタートすることができます。細かな設定が不要なのはうれしいですね!

今日は開発環境を整えたところで終了です。
明日は、VstoneMagicを使い、Sota同士がTCP/IPで通信を行う、Sota to Sotaのプログラムを作成します!
morimoriさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (604)
このエントリのトラックバックURL
http://lets-robot.com/modules/weblog/weblog-tb.php/3150
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最近のweBLogのコメント
スタッフ日記 カレンダー
«  «  2018 11月  »  »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
検索
メインメニュー
カテゴリ一覧
アーカイブ