二足歩行ロボットコミュニティサイト

【サイトの使い方】  【サイトマップ】  【お問い合わせ】 
ロボット動画  |   ロボット写真  |   BBS  |   ダウンロード  |   イベント予定  |   スタッフ日記  |   リンク  |  
ログイン パスワード    新規登録   パスワード紛失  

スタッフ日記 - babaさんのエントリ
 babaさんのエントリ配信

2018/03/02
技術的小話【その65】SotaとVS-RC202を連携させる〜ネットワーク構成編〜

執筆者: baba (11:59 am)
昨日に引き続き登場!
何かをやった覚えもないのになぜが上腕に筋肉痛が発生しているbabaです。
腕の筋トレはここ数日してないんですが…何が原因なのやら。

さて、今月はVS-RC202とSotaの連携に挑戦することにしました。
本日は連携するにあたってのネットワーク構成についてお話ししたいと思います。
VS-RC202の詳細はここからチェック!!

VS-RC202とSotaはWi-Fiを利用してネットワークにアクセスすることができます。
この機能を利用することで連携をとるわけですが、この通信にはTCP/IPを利用します。というのも、VS-RC202のCPUとして搭載されているESP-WROOM-02には、TCP/IPを利用したプログラムのサンプルがあります。また、デベロッパー版Sotaの開発に使用する専用ソフト「VstoneMagic」には、TCP/IPを利用するためのブロックが用意されており、開発が簡単にできるようになっているからです。

今回、我々はまずSotaにセンサの情報を送るデモを作ろうと思っています。
そこでSotaをサーバー、VS-RC202をクライアントに設定し、VS-RC202に接続されたセンサの情報をSotaに送信して、その情報をもとにSotaがアクションを起こす。というものをこれから作っていきたいと思います!

というわけで実際の実装ですが…それは次回以降!
焦らすようで申し訳ないですが、その分たっぷりと説明していこうと思うので、お楽しみに!!
babaさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (263)
このエントリのトラックバックURL
http://lets-robot.com/modules/weblog/weblog-tb.php/3142
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最近のweBLogのコメント
スタッフ日記 カレンダー
«  «  2018 7月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
検索
メインメニュー
カテゴリ一覧
アーカイブ